谷田川 達也 (やたがわ たつや)

日本学術振興会 特別研究員 (PD)

早稲田大学大学院 先進理工学研究科
物理学及応用物理学専攻
[English]

About me
学振特別研究員(PD)の谷田川達也です。現在、早稲田大学大学院先進理工学専攻の物理学及 応用物理学専攻で研究をしています。研究対象は画像を画素レベルで扱う処理と三次元レベルで 扱う物理ベースレンダリングを組み合わせた写実性の高い画像の編集です。よろしくお願いいたします。
Journals
1.
T. Yatagawa,H. Todo,Y. Yamaguchi,S. Morishima,"Data Compression for Measured Heterogeneous Subsurface Scattering via Scattering Profile Blending",The Visual Computer, 2019 (to appear).(Reviewed)[PDF]
2.
小澤 禎裕,谷田川 達也,久保 尋之,森島 繁生,"光学的最短経路長を用いた表面下散乱の高速計算による半透明物体のリアルタイム・レンダリング",画像電子学会誌, vol.46,2017.(Reviewed)
3.
T. Yatagawa,Y. Yamaguchi,"Sparse Pixel Sampling for Appearance Edit Propagation",The Visual Computer (Special Issue of Computer Graphics International 2015), vol.31,pp.1101-1111,2015.(Reviewed)[PDF]
4.
T. Yatagawa,Y. Yamaguchi,"Temporally Coherent Video Editing using an Edit Propagation Matrix",Computers & Graphics, vol.43,pp.1-10,2014.(Reviewed)[PDF]
5.
Y. Masuda,M. Fukuchi,T. Yatagawa,M. Tada,K. Takeda,K. Irie,K. Akagi,Y. Monobe,T. Imazawa,K. Takegoshi,"Solid-state NMR analysis of interaction sites of curcumin and 42-residue amyloid β-protain fibrils",Bioorganic & Medical Chemistry, vol.19,pp.5967-5974,2011.(Reviewed)
International Conference Papers
1.
R. Natsume,T. Yatagawa,S. Morishima,"FSNet: An Identity-aware Generative Model for Image-based Face Swapping",Asian Conference on Computer Vision, No. P3-46,Perth Australia,2018.(Reviewed)[PDF]
2.
T. Yamaguchi,T. Yatagawa,S. Morishima,"Efficient Metropolis Path Sampling for Material Editing and Re-rendering",Pacific Graphics 2018 (Short paper), Hong Kong, China,2018.(Reviewed, Oral presentation)[PDF]
3.
R. Natsume,T. Yatagawa,S. Morishima,"RSGAN: face swapping and editing via region separation in latent spaces",SIGGRAPH 2018 (Poster), No. 69,Vancouver, Canada,2018.(Reviewed, Poster presentation)
4.
T. Yatagawa,Y. Yamaguchi,"A Template-Based Completion Framework for Videos with Dynamic Backgrounds",Lecture Notes in Computer Science 7432 (Proc. of International Symposium of Visual Computing 2012), pp.155-165,2012.
Domestic Oral Presentation
1.
谷田川 達也,"非均一半透明材質の拡散パラメータに対する
高圧縮率データ削減法",Computer Entertainment Developers Conference (CEDEC2018), 横浜,2018.(査読あり, 口頭発表)
2.
谷田川 達也,藤堂 英樹,山口 泰,森島 繁生,"基本材質の拡散プロファイル混合による実測BSSRDFデータの圧縮",Visual Computing 2018, 講演番号02,山形,2018.(査読有り, 口頭発表)
3.
夏目 亮太,谷田川 達也,森島 繁生,"変分オートエンコーダを用いた領域特徴抽出による顔領域入れ替えを含む画像編集法",Visual Computing 2018, 講演番号31,山形,2018.(査読有り, 口頭発表)
4.
谷田川 達也,山口 泰,"単一画像を入力とした非均質物体のBSSRDF推定",ビジュアルコンピューティング / グラフィクスとCAD合同シンポジウム2016, 講演番号01,東京,2016.(査読有り, 口頭発表)
5.
谷田川 達也,山口 泰,"スパース放射基底関数マップによるリアルタイム画像・動画編集",ビジュアルコンピューティング / グラフィクスとCAD合同シンポジウム2014, 講演番号01,東京,2014.(査読有り, 口頭発表)
6.
谷田川 達也,山口 泰,"非対称類似度行列の低ランク近似による時間連続性を考慮した動画編集法",日本応用数理学会2013年度年会, 講演番号9171,博多,2013.(査読なし, 口頭発表)
7.
谷田川 達也,山口 泰,"フレーム間の連続性を考慮する動画編集法",第149回グラフィクスとCAD研究会, 講演番号16,横浜,2012.(査読なし, 口頭発表)
8.
谷田川 達也,山口 泰,"高速な動画補完のための動的背景の除去法",第145回グラフィクスとCAD研究会, 講演番号8,筑波,2011.(査読なし, 口頭発表)
Domestic Poster Presentation
1.
山口 智也,谷田川 達也,森島 繁生,"画素ごとの編集量を利用したメトロポリス光輸送法による効率的再生成法",Visual Computing 2018, 講演番号P8,山形,2018.(査読なし, ポスター発表)
2.
谷田川 達也,山口 泰,"編集シーンの変化を考慮した動画編集法",第16回画像の認識・理解シンポジウム (MIRU 2013), 講演番号S2-2,東京,2013.(査読なし, ポスター発表)
3.
谷田川 達也,山口 泰,"動的背景を含む動画補完手法の高速化",ビジュアルコンピューティング・グラフィクスとCAD合同シンポジウム2012, 講演番号48,東京,2012.(査読有り, ポスター発表)
Other Non-reviewed Papers
1.
R. Natsume,T. Yatagawa,S. Morishima,"RSGAN: Face Swapping and Editing using Face and Hair Representation in Latent Spaces",arXiv preprint arXiv:1804.03447, 2018.[PDF]
Awards
Jun. 2014
Visual Computing / グラフィクスとCAD合同シンポジウム2014 優秀発表賞 (GCAD賞)
Mar. 2014
社団法人 情報処理学会 山下記念研究賞
Dec. 2012
情報処理学会 第149回グラフィクスとCAD研究会 優秀発表賞 (GCAD賞)
Mar. 2012
東京大学大学院 総合文化研究科 広域システム科学専攻 奨励賞
Nov. 2011
情報処理学会 第145回グラフィクスとCAD研究会 優秀発表賞 (GCAD賞)
Patent
2012
特許5846663 動画編集方法及び装置
Grant
Apr. 2018 - Mar. 2022
日本学術振興会 科研費 若手研究
Apr. 2016 - Mar. 2019
日本学術振興会 特別研究員 (PD)
Apr. 2014 - Mar. 2016
日本学術振興会 特別研究員 (DC2)
Professional Activities

Conferences

Nov. 2017
Nov. 2017
NICOGRAPH 2017 (論文査読委員)
Jun. 2017
Oct. 2016

Society Activities

Apr, 2017 - Mar. 2022
Programs
こちらでは,私が個人的に作成したプログラムを紹介しています
画像処理プログラムのページ